マンションの基礎を築いたのが20世紀


牧歌的な風呂桶に、汲み取り式便所が当たり前だった日本の住まいは、1970年代に分譲マンションが広まり始めてから徐々に変わり出した。
まず、水洗トイレが当たり前になった。戸建て住宅の場合、初期の水洗トイレは和式のものだったが、マンションは最初から洋式便器で水洗式。そのため、初期のマンションでは便所には「洋式トイレの使い方」が貼られた。「大便のときは、便器に後ろ向きに腰掛けましょう」と絵入りで説明されたのである。「前向きに座ると、危険です」とも。つまり、便座を上げて便器の細い縁に足をかけ、和式便器のようにしゃがむ人がいたわけだ。

街並み

洋式の水洗トイレが広まったことに加えて、「ウォシュレット」などの商品名で知られる温水洗浄便座が載せられる。そこまでが、20世紀のマンションに見られるトイレである。
風呂場は、木製の風呂桶を運び込むのではなく、システムバスという製品を組み込むのが当たり前になった。システムバスは最初のころ、「ユニットバス」と呼ばれていたもの。強化プラスチックの箱のなかに浴槽(バスタブ)と洗い場、水栓金具、シャワー、照明などをセットし、工場で組み上げる。それをマンション内に設置して風呂場のできあがりとなる方法だ。風呂場にお湯を供給するボイラーなど(熱源機という)を外に設置。それらはコンピュータ制御されるため、ガス事故などの不安がなくなった。
さらに、このシステムバスに浴室換気乾燥機をセットし、お風呂の湿気でカビが発生しないようにした。そこまでが20世紀の動きだ。
キッチンにはシステムキッチンが備えつけられた。システムキッチンというのは、流しにコンロ、収納を一体化させてつくるもの。システムバスと同様、こちらも工場で、指定されたサイズぴったりに製造される。できあがったシステムキッチンをマンションの工事現場に運び込み、すき間なく設置する。これによって合理的で使いやすく、清潔なキッチンスペースが完成する―20世紀はそこまでだった。

窓には遮音性が高く、掃除もしやすいアルミサッシを入れ、床はフローリング(木の床。実際は合板を使用することが多く、正しくは木質系の床)。南側など日当たりや見晴らしのよい場所にリビング・ダイニング(LDと略される)を置き、ダイニングのそばにキッチンを配置。リビング・ダイニング・キッチンで「LDK」という表記が一般的に使われるようになった。

このLDKから離れた場所に寝室をいくつか配置し、LDKと寝室の中間に風呂場と洗面所トイレを置くlこのようなマンションの基本形が完成したのも20世紀だ”このように”世紀は、マンションの基礎を築く時代だったといえる。
この基礎のうえで、「21世紀マンション」はぶつ飛んだのだ。
トイレは洋式・水洗であるだけでなく、見た目の「かっこよさ」を追求し始め、トイレのドアを開けた瞬間、便器のブタが開くといった自動化も進められた。
浴室では、入浴を楽しむための設備が続々登場。システムキッチンもより便利に、美しく保つための工夫が開発ラッシュとなる。
マンション全体の防犯性を高めるために、警備会社を組み入れる手法も当然のこととされる。「21世紀マンション」になって現れる進化は、20世紀に現れたそれと比べ、格段に華やかで楽しげ、そして多彩なのである。


自然と歴史が集まっているエリアへお引っ越したいと考えているなら,寒川エリアはいかがですか?寒川エリアから都心までのアクセスはとても便利とは言えませんが,生活しやすい環境がこちらの地域にはあります。豊かな自然は寒川エリアならではで,都会の喧騒から離れている落ち着いた生活を送ることができるでしょう。ですが、生活をする上で不便を感じることは少なく,ドラッグストアやスーパーなど生活に必要な商業施設は揃っていますよ。そんな寒川エリアで不動産情報をお探しであれば,ぜひ当社のサイトへアクセスをしてください。サイト内は、多くの不動産を取り扱っているので,きっと素敵な物件が見つかるでしょう。気になった方はお気軽にお問い合わせください。

新伊丹駅周辺に,事務所を建設ようとお考えの方である法人様や,新伊丹駅エリアに新しいお住まいを建てようと不動産情報をお求めの方がいらっしゃれば、,こちらのサイトを一度ご覧になってみませんか。新伊丹駅エリアは,。道路の幅広く,区画も整然としていることから,すっきりとした街並みと緑が続き,生活環境が整っております。。さらに駅の東口,西口はお買物にも便利なスーパーがあり,お買物にはとでも便利です。今回,売地情報などもご用意しておりますので,法人様や,子育て世代などお客さまの希望しているマイホームや事務所を構えることが可能です。それ以外でも、お手頃価格な広々としている新伊丹の不動産情報なども紹介いしていますので,お気に入りましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

阪神間の北に位置する雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)駅は,その名の通り塚市の「雲雀丘」と川西市の「花屋敷」,2つの地名から名づけられた駅でございます。こちらは大阪梅田と宝塚を結ぶ路線の阪急宝塚線がこの駅に乗り入れており,快速急行が停車する駅でもあります。そのため,大阪梅田までは乗り換えなしで22分で移動することができます。こういったことから,雲雀丘花屋敷駅周辺に住まえば,交通面で不便な思いをしませんね。住環境としても良好だと言えます。そんな雲雀丘花屋敷駅周辺で不動産を購入するなら,こちらのサイトをご覧ください。こちらのサイト内では,多種多様な雲雀丘花屋敷の不動産情報をご用意しているため,きっと素敵な物件が見つかること間違いなしですよ!